「宮崎県のオーガニック野菜を全国に届けたい!」ゲスト:ベジオベジコ代表 平林聡一朗 様

まちづくりや地域で活躍する人をゲストにみんなで語り合うGIFT Talks。

今回のゲストは、スムージー用青果宅配専門店「ベジオベジコ」代表平林聡一朗さん。
宮崎ー東京を行き来しながら働く、起業家です。
著名人も数多く愛用する宮崎県産野菜で作られる野菜のスムージー貴重な裏話も盛り沢山です。

ゲスト:平林聡一朗 様

株式会社あらたな村 代表取締役
法政大学法学部政治学科卒業 (宮崎県出身)
高校時代にアメリカ合衆国オレゴン州へ1年間留学をし大学で上京するとともに国際フェスの運営や地域活性をテーマとした学生団体を立ち上げる。
国連機関の研究を専攻する傍ら、東日本大震災後 岩手県陸前高田広田町へ復興支援で訪れる。
そこで感じた「日本(地元宮崎)の現状」を変えて盛り上げていきたいという想い大学3年次に株式会社アラタナでインターンを経験、社長濱渦氏に株式会社あらたな村での新規事業の話をいただき当時大学3年生宮崎大学農学部 田村健登(現 専務取締役)とともに翌年からスムージー用青果宅配サービスを開始。
ベジオベジコのWebサイト:ベジオベジコ
紹介記事【宮崎で働く】ベジオベジコ:愛を伝えていく仕事

スケジュール

5月20日(水)
19:30 開場(開場時間までは中に入れません。予めご了承くださいませ)
20:00 開会挨拶、乾杯
20:15  交流&自己紹介タイム
20:30 講演
21:00  質疑応答
21:15 終了のご挨拶
21:30 終了
終了後、ゲストと一緒に近くのお店で懇親会を行います。

会場

JR目黒駅 徒歩1分
東急目黒線 目黒駅 徒歩2分
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-11-10 Fujiwara building5F

費用

セミナー・軽食・飲み物代、消費税込
学生:1,500円
一般:3,000円
*お釣りの内容にご準備いただけると幸いです。

お申し込みはFacebookページから
https://www.facebook.com/events/801240943287074/

宮崎県庁主催の次世代経営リーダー塾の副担任を修了しました

農業・フードビジネス関連の次世代経営リーダーを対象に、2015年から開始された次世代経営リーダー塾が修了しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
当団体代表理事の齋藤は、副担任を担当。農業・フードビジネスの情報発信及び、全国への販路開拓を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
国内に広い販路をもつ東京の会社と提携の商談が進み、研修の具体的成果を発表しました。

地方創生・ベンチャー会議に、代表理事の齋藤が登壇しました。

IMG 5751

トーマツベンチャーサポート株式会社主催、地方創生に向けた、地域活性化や地方のしごとづくりに取り組むベンチャー企業を紹介する「地方創生・ベンチャー会議」に代表理事の齋藤が登壇させていただきました。

定員100名を超え、大勢の方に集まっていただき、地方創生に向けての提言等を、他の登壇者らと行いました。

主催:トーマツベンチャーサポート株式会社
場所:
ベルサール西新宿 8 階 room6
106-0023新宿区西新宿4-15-3 住友不動産西新宿ビル3 号館2・8F
TEL: 03-3320-2611

■基調講演
「スタートアップが創る地方創生 ~横須賀から始まるロールモデル~」

 横須賀市長  吉田 雄人 氏

■パネルディスカッション①
「ベンチャー社長が地域を創る」

 面白法人カヤック 代表取締役CEO  柳澤 大輔 氏(神奈川県鎌倉市)
 株式会社ヌーラボ 代表取締役  橋本 正徳 氏(福岡県福岡市)
 株式会社サイファー・テック 代表取締役  吉田 基晴 氏(徳島県美波町)
 株式会社アラタナ 執行役員 土屋 有(宮崎県宮崎市)

■休憩

■パネルディスカッション②
「地方創生に向けた新しい人の流れと起業」

 合同会社paramita 代表  林 篤志 氏(高知県高知市土佐山地区)
 NPO法人まちづくりGIFT 代表理事  齋藤 潤一 氏(宮崎県)
 株式会社サーチフィールド 取締役/FAAVO事業責任者  齋藤 隆太 氏
 シナプテック株式会社 代表取締役  戸田 達昭 氏(山梨県)

■休憩

■情報提供
「地方創生に向けたトーマツベンチャーサポートの取り組み」
 
 トーマツベンチャーサポート株式会社 政策事業部長  佐藤 史章

当日の写真

IMG 5747

IMG 5722

国立青少年教育振興機構:JOB PROGRAM & JOB CAFEで講演しました。

佐竹台集合

世代間交流をテーマに活動を行う佐竹台スマイルプロジェクトの一環で、佐竹台地区を中心にした小中学生に仕事について公演を行いました。

参加したこども達からは、「杉に興味を持った」「自分の夢を仕事にしたい」「実際に杉を見に行きたい」
などの感想がでました。最後は、全員で記念撮影
佐竹台吉野杉

佐竹台

佐竹台講演

概要

吹田
日時:12月5日(金)19時
場所:佐竹台市民ホール2階
講師:齋藤潤一、石橋輝一(吉野中央木材株式会社 代表取締役)

【地方創生】宮崎てげてげ祭りー宮崎県の「食、文化、人」を東京で満喫!

宮崎県の魅力を伝える情報サイト「宮崎てげてげ通信」がプロデュースする宮崎県の「食、文化、人」を満喫できるイベントで、宮崎県庁の「みやざきweeeek!!2015」の一環で行われます。
詳しくはこちら

• 開催日時:平成27年3月7日(土) 14時
• 会場:東京 ユビキタス協創広場 CANVAS|内田洋行
• 内容:地方創生をテーマに移住定住を考える内容
• 対象:宮崎県出身者を中心に、宮崎県に興味・関心がある方
• 募集定員:100名
• 費用:無料(懇親会1500円を当日徴収)
• 主催:特定非営利活動法人まちづくりGIFT
• 協力:内田洋行株式会社、サンワード・ラボ株式会社

地域実践塾熱海:宮崎てげてげ通信のプレゼンテーションを行いました

chiiki
地域活性化センターが主催する地域実践塾(第6回熱海)において、代表理事の齋藤潤一がプレゼンテーションを行いました。

宮崎てげてげ通信の事例を紹介し、全国のまちづくりリーダー達と意見交換を行いました。

地域実践塾

概要

開 催 地:静岡県熱海市
開 催 日:平成26年11月19日(水)~21日(金)3日間
会   場:起雲閣 音楽サロン (熱海市昭和町4-2)
テ ー マ:人口減少時代を見据えて、これからの観光振興・観光地域づくり
主任講師:沢登 次彦 氏(株式会社リクルートライフスタイルじゃらん リサーチセンター センター長)

講演:こうちNPOフォーラム2014「高知の未来をつくる!NPOの可能性」

こうちNPOフォーラム2014に登壇させていただきました。

こうちNPOフォーラムとは?

人々の暮らしに直面する様々な課題に取り組む高知県内のNPOが一堂に会し、高知の課題に向き合い、その解決に向けた役割を見つめ直し、活動の活性化や新たな方向性などNPOの可能性について探って行きます。

プロブロガーのイケダハヤトさんらと議論

IMG_3144

当日は、高知大学の梶様、プロブロガーのイケダハヤト様、地域クラウドファンディングFAAVOの齋藤隆太様らとクラウドファンディングの活用方法について議論させていただきました。

当日の様子

IMG_3139
いつも好評のスギダラケ倶楽部の法被です。会場の中でもとてもめだっていました。

IMG_3138プレゼンテーションの後は、梶先生、イケダハヤトさん、齋藤隆太さんとのパネルディスカッション

IMG_3135会場からも多数質問がよせられて、「Faavo高知」の誕生の兆しがみえました。
これからも高知を応援したいと思います。

日南市コワーキングスペースの解説イベントでスピーチをしました

crowd
*クラウドワークスの吉田社長と撮影

代表理事の齋藤が、宮崎県日南市の赤レンガ館の開設記念イベントのオープニングスピーチを担当させていただきました。
スピーチ全文は、当ページ下部に書き起こししております。

xEi4M8CNPKOt_oSCx7EqDXllgyaN42DpeXugR2P9rLc

日時:平成26年11月1日(土)10:00
場所:油津赤レンガ館
内容:

基調講演 :ヤフー株式会社 ショッピングカンパニーご当地eコマースストアマネージャー 佐竹正範 氏1
パネルディスカッション :ヤフー株式会社 ショッピングカンパニーご当地eコマースストアマネージャー 佐竹正範 氏2
株式会社 クラウドワークス 代表取締役社長兼 CEO 吉田浩一郎 氏:
株式会社 インタークロス 代表者 小川智矢 氏:
日南市長 﨑田恭平:
ファシリテーター 日南市マーケティング専門官 田鹿倫基

スピーチ全文

自己紹介
本日は、コワーキングスペースのオープンおめでとうございます。
田鹿専門官から「庶民の声が聞きたい」という事で、スピーチを仰せつかりました、一般庶民の齋藤と申します。宜しくお願いします。

しっかり会場をあっためたいとおもいます。

なぜ、自分がスピーチをさせていただいているのかというと、もともと日南市に赤レンガ館のコワーキングスペースの活用を提言したからです。

私は、今、宮崎県のローカルメディア「宮崎てげてげ通信」の編集長をやっていて、その一環で、この赤煉瓦館を取材しにきました。

私は、海外で働いていたのですが、この赤レンガ館をみた瞬間に、「これは、世界に通じる施設だ」と直感的に感じました。

その感動は、「てげてげ通信」に書いてあるので
ぜひ「てげてげ 赤レンガ館」で、今、検索してください。検索で1番にでてきます。見て感想くれた人には、後で、このステッカーあげます。

その想いを、田鹿専門官に話した所「ぜひ実現したい!」という事で共感してもらい、その後、日南市役所の皆様にオフィスまできていただき議論を重ねてきました。

ここで凄いなと思ったのは、日南市のスピード感と実行力です。

こういう夢みたいな話をいくらでもあるのですが、実際にやる未来とやらない未来では、全く違います。

いま、日本の地方にかけているは、スピード感と実行力。逆に言うと、ここを補うことができれば、より魅力的な地域に近づくと思います。

コワーキングスペースの活用法について

コワーキングスペースの活用については、日南市らしさがでる事が大事だと思います。アメリカや東京のモデルをそのままもってきても、うまくいかないと思います。

昨日ググったら、日南市の標語は、「みんなでつくりわかちあうまち」とでてきました。

世界のロールモデルは、日南!!!!
となるように、田鹿さん頑張ってください

最後にイノベーションについてお話したいと思います

ぼくは、アメリカのシリコンバレーで働いていました。

オフィスは、皆さんがお使いのiPhoneとかを作っているアップルのすぐ横で、もともとアップルで働いていた人がいたり、音楽のデジタルコンテンツの仕事もアップルとしていました。

当時のアップルは、株価も低迷、誰も買いたくない、スティーブの自己満足の会社でした。

そしてスティーブの評価は、最悪で、辞めてきたエンジニアは、最高のゲス野郎と罵倒していました。

が、しかし、10年経った、いま、どうなっているでしょうか?
皆さんご存知ですよね

アップルは、世界最高峰の企業になり、スティーブは、神格化しています。

ぼくがシリコンバレーで学んだことは、イノベーションです。

地方は、今、変革の時期です。

いまどんなにつらい時期でも決して、諦めては行けない。

自分たちが目指すビジョンをぶらさずに、行動をし続ける。

その先に、きっと新しい、日南市のまちづくりがあるとおもいます。

そして、このコワーキングスペースが、その発信基地になる事を願って、スピーチを締めくくりたいと思います。 ご清聴ありがとうございます

第5回幸雲南塾〜若者チャレンジ講座〜で講演しました.

20141031113242_講師齋藤氏(1)*写真は、幸雲南塾のWebサイトより

代表理事の齋藤潤一が、第5回幸雲南塾〜若者チャレンジ講座〜で講演しました。

幸雲南塾とは?
「地域を元気にする仕事をしたい!」「でも、何から始めたらいいの?」「幸雲南塾」はそんなあなたの「はじめの一歩」を応援します。
NPO法人農家のこせがれネットワークの宮治代表をはじめ様々な地域で活躍する20~40代の若手先輩起業家を講師に迎え、塾生自らが実行するプランを作り上げていくプログラムとして平成23年から毎年約半年間の幸雲南塾を開催し、35名の地域プロデューサーを輩出してきました。

・日 時:9月27日(土)13:00~17:30(受付:12:45~)
・会 場:健康の森 創作研修棟(雲南市木次町西日登2542−2)

雲南の地域イベントにも参加し、地域の皆様と交流も行いました
幸運南

諸塚村「住まいと地域づくり研究会」で、講演と商品開発ワークショップを開催しました。

IMG 0998

木材の産直住宅や品質の高い杉の生産地として有名な宮崎県諸塚村の「住まいと地域づくり研究会」の第10回記念特別企画にて、飫肥杉の世界展開プロジェクトに関する講演と、諸塚村と連携した商品開発ワークショップを開催しました。

諸塚村で林業に携わる専門家の皆様からも、多くのアイデアが生まれ、今後、飫肥と諸塚村が点としてつながる実りある会となりました。

日時:平成26年9月22日(月)
場所:諸塚村中央公民館

当日の様子

IMG 1000
連休間、平日の夜にも関わらず多くの方にお越しいただきました。

IMG 1014
商品開発ワークショップ。3チームに分かれて、ブレインストーミング。

IMG 1031
各班で出しあった意見のうちから、TOP3を発表し全体で共有しました。