マイナビ農業のインタビュー記事で、代表理事の齋藤が紹介されました。

スクリーンショット画像:マイナビ農業のウェブサイトより

農業に関わる情報を多彩な切り口で発信していく農業総合情報メディア「マイナビ農業」で、当団体が実施する地域版MBA実践塾の日向ドラゴンアカデミーの修了生の黒木洋人さんがインタビュー取材を受けました。

インタビュー記事内で、当団体及び代表理事の齋藤についてご紹介いただきました。

ヘベスの知名度をどうやって上げていったんですか?

以前はブログやFacebook、Instagramで地道にヘベスの情報を発信していました。流行し始めたのは一昨年、地方の起業家を育成するNPO法人「まちづくりGIFT」代表の齋藤潤一さんに、ヘベスをプッシュしてもらってからです。その後、東京ハーヴェスト(食の作り手の方たちへ感謝の気持ちを伝えるイベント)に出たり、メディアに取り上げてもらったりした結果、流行に火が付きました。

 

当団体は、今後も修了生らを支援し、共に、地域づくりに取り組んでまいります。

媒体:マイナビ農業
リンク:農家の働き方改革?黒木農園黒木洋人(33歳)