「地域づくり」2018年9月号に人材育成に関するインタビューが掲載されました。


地域づくりに関する専門誌「地域づくり」に代表理事の齋藤潤一と一般財団法人こゆ地域づくり推進機構の教育デザイナーの稲田佑太朗氏のインタビューが掲載されました。

地方には、起業家マインドを持った人材の育成などについて、当団体の見解を述べさせていただきました。詳しくは、「地域づくり」2018年9月号を御覧ください

「日本とアメリカの違いとして、アメリカでは何かやりたいと言った時に「まずやってみよう」となりますが、日本だと「失敗したらどうするのか」と言われます。それをがらっと変えたいと思っています。当たり前のようにチャレンジできる土壌ができれば、それは世界中から見てもすごく魅力的なまちだと思います。私たちは縦軸が重要だと考えています。隣と似たような事業をしたり人材を育てるのではなく、自分たちの地域のオンリーワン、ナンバーワンの地域づくり、人材育成をしていかなければなりません。そうすることで初めて自立した地域や持続可能なまちになっていくと思います。(齋藤)」

内容
地域づくりは人づくり 起業家移住者がぞくぞくと集まっている理由 齋藤潤一、稲田佑太朗

雑誌:月刊「地域づくり」

金額:定価 500円(税込)/冊 年間 8,160円(税込・送料込)
毎月初旬に発行・申込冊数により送料は異なります。

出版元:
一般財団法人 地域活性化センター
〒103-0027 東京都中央区 日本橋 2-3-4 日本橋プラザビル13階
一般財団法人地域活性化センターについて
活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、ひとづくり、まちづくり等地域社会の活性化のための諸活動を支援し、地域振興の推進に寄与することを目的として、昭和60年10月に、全国の地方公共団体と多くの民間企業が会員となって設立され、平成25年4月に一般財団法人へ移行いたしました。