茨城県|地域課題を解決するソーシャルビジネスの創出と起業家人財の育成

茨城県北地域ビジネス創出支援プロジェクト

プロジェクト概要

県北地域の活性化、それを担う人財の育成とコミュニティ形成

【クライアント】

茨城県

【事業概要】

ビジネス創出講座やフォローアップのほか、地域資源の活用や地域の課題解決に繋がるビジネスプランのコンペティションを実施すると共に、助言者(メンター)によるプラン実現へのサポートを行うなど、県北地域での新規ビジネスの創出を支援しました。

1.県北地域での起業・新規事業プランの掘り起こし
2.県北地域ビジネス創出支援講座の企画・運営
3.ビジネスプランコンペティションの企画・運営
4.ビジネスプラン実現の支援・メンタリング

背景

地域資源を活かしたソーシャルビジネスの創出で、地域課題を解決

茨城県北地域は、急激な人口減少や少子高齢化が進む中、地域の課題を解決し、持続可能な地域をつくることが求められています。

その対策の1つとして、地域に新たなビジネスを創出し、ビジネスの力で地域の課題を解決していく起業家人財の育成とそのコミュニティの形成が必要です。

本事業は、地域の資源を活かし、地域の課題を解決するビジネスを創出・支援することで、チャレンジする文化とその中心となる人財のコミュニティを醸成することで、県北地域の活性化を促し、新たな雇用創出や移住・定住につなげるものです。

実績のポイント

豪華講師陣による超実践型スクールを実現
起業家コミュニティの形成とチャレンジする文化の醸成

連続性のある全5回講座に参加することで、起業家人財の育成し、地域資源を活かして地域の課題を解決するソーシャルビジネスの創出につなげました。

講座全体を通じて、「1 勝99 敗」の精神で、失敗を恐れず、成功するまでやり続けることの大切さを伝え、講師から単に学ぶだけの講座ではなく、自らチャレンジするための超実践型スクールを目指し、地域資源を活用したビジネスの実践者やそのサポートに関わっている講師による講演とワークショップで講座を構成しました。

また、県北地域を活性化させる、起業家人財のコミュニティ形成することで、高い熱量で、共に学び、共に成長する仲間づくりを実現しました。一人ひとりが、自分らしく主体性をもって、小さくても美しい持続可能な事業を創出し、地域をデザインしていく社会を目指し、「稼ぐ」ことの重要性を伝えました。

時期

2017年4月〜2018年2月

地域について

未開拓の地域資源が豊富な茨城県北

茨城県の北部「県北エリア」に位置する「日立市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・常陸大宮市・大子町」がプロジェクトの対象エリアです。

「HITACHI」ブランドを有する日立市、豊かな自然環境と古くから続く歴史と文化にあふれる常陸太田市、関東一の呼び声が高い「花貫渓谷」を有する高萩市、白い波が美しい「五浦海岸と六角堂」がある北茨城市、山間部に位置し美しい山と川に囲まれる常陸大宮市、日本三名瀑の「袋田の滝」や特産のりんごが有名な大子町という、5市1町で構成されています。

関連リンク

茨城県北ビジネス創出支援プロジェクト Facebookページ

その他の実績